FC2ブログ

Love Sky = 飛行機の見える空 =

飛行機を絡めた写真のブログです。飛行機が主役となる写真、飛行機を脇役にした写真、必ず飛行機がどこかに写っている写真です。当サイト著作権を破棄していません。 掲載されている写真等の無断転載・無断使用等、ご遠慮くださいませ。©2015 TETSUYA KITAGAWA

Extremely difficult 


China Airlines Boeing 747-400 B-18211 | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


Airplane-Pictures.netでOKもらうのは本当に難しいなと感じた一枚

個人的にはこんなにコントラストを上げずにもっと淡い感じが好みだったがそれではNGと却下されました。
その時のEditor(審査する人)さんにまず「Grainy sky.」と却下されたが、私としてはグレーな空とは思わなかったし雲と影の演出が面白いと思って撮影した一枚だったので「Is there the design of a cloud and the shadow interestingly?Is good; think that is directed, how about?」とコメントしたら…
「I agree with first screener. Photo lacks contrast. Graininess in sky. Yes, shadows are nice. However, needs some more blacks for better appearance of shadows. Sorry to pass.」と日本人のEditorさんに再度却下されました。
じゃあそう言うならと、ガッツリコントラストと再度を上げてみたら…OK!
私のイメージとはかけ離れてしまいましたがOKもらえました。

朝一の光を浴びたスラストリバースの迫力の写真も「光が暗い!フェンスが写ってる!」等々の理由で同じ日本人のEditorさんにことごとく却下!
いやぁ、Airplane-Pictures.netでOKもらうのって難しいな!

Airplane-Pictures.netに挑戦し始めてまだ38枚だけしかOKもらえて無いけど…一度決めた目標までは頑張ってみようかな!

< EOS-1DX + EF16-35mm f4L IS USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Chitose virus 


Jetstar Japan Airbus A320 JA20JJ | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


新千歳空港へ初の遠征
マイナス10度の世界は経験が無く、ベースレイヤー・ミドルレイヤー・アウターレイヤーに始まり防寒靴下やアンダー手袋や使い捨てカイロなど、極寒対策を色々としていったのだが…
白銀の世界を行き来する飛行機を目の当たりにすると寒さなどどこ吹く風!
アドレナリンと言う最強の防寒具により身も心も超熱く(暑く)なってしまった!

実質滞在1日半と言う短い時間ではそんな都合のよい条件に出逢えるはずもなく…
とは言え、それでも私を魅了するには十分過ぎる新千歳の情景であった

Chitose virus に完全に犯されてしまった…
必ずもう一度、いや何度も訪れたいと思う

最後になったが、初のフィールドでそんな良いロケーションを簡単に得ることができるわけが無い
この写真の影には現地でお世話になった写真仲間が居ると言うことを文字にせずにはいられない
写真と言う物は、気づきと出逢いを与えてくれる、本当に素晴らしい趣味だと思う

< EOS5Ds + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

satisfaction 


ANA - All Nippon Airways Boeing 777-200 JA713A | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


日の出が遅くなる冬季には、光が差し込み金色に染まるゴールデンタイムに撮ることができる

それを狙いに多くのカメラマンが来るのだが、朝焼けが終わるころ、朝の離陸ラッシュアワー半ばにしてほとんどのカメラマンが帰って行く
スカッと晴れた日はそれで終わるかも知れないが、こう言う空模様の日は「まだ何か起こるのではないか」「もっと面白いことが起こるのではないか」と…
この日も1人抜け…また1人抜け…と、気がつくと諦めの悪い私だけが1人でしつこく撮っていた
もう終わりかな…と思った瞬間!

機材がANAのB777
無風で真っすぐの離陸
邪魔なラインナップも無く
そしてこの場所には私だけ…
気持ちの良い満足感に浸りながら帰途についた

< EOS1Dx + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Jet blast 


JAL - Japan Airlines Boeing 777-300 JA8945 | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


5Dsでジェットブラストを撮ると奇麗かも!!
ついでに着陸時のタイヤスモークも絡められないだろうかとスカイランドハラダの一番端から撮ってみた!

帰ってモニターで確認してみると想像していたよりいい感じに撮れているではないか
高画素機って面白いぞ!

可能であればAirplane-Pictures.netにリンクして、パソコンモニターで見ていただきたい作品である

天気がイマイチだったのが残念ではあるが…

< EOS5Ds + EF500mm f4L IS II USM + EF1.4xIII >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Only One 


ANA - All Nippon Airways Boeing 777-200 JA712A | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


ANA STAR ALLIANCE 塗装機
これも好きな機体の一つ

しかし、飛行機を撮り始めるまでこんなに色々な特別塗装があるなんて知らなかったよな

そもそも飛行機を撮ることになった理由は、別に開設していた写真のブログのネタが無くなったからだったな
そのブログは「毎日更新」を目標に色々な写真を撮っていたのだが、写真を撮る時間もあまりなくネタに困った時に思い出したのが「昔に何度か行った飛行機を見ることができる河川敷」
そう、千里川河川敷であった
ぶらっと行って撮影開始!見るのと撮るのでは全く違う!面白いじゃないか!

それから約5年半
その後、飛行機だけを撮るようになって2年9ヶ月…「だけ」になったのは、とある写真展に訪れたのがきっかけだ
私も人の心を動かすことが出来る様な写真を撮れるようになりたいものだ

< EOS-5Ds + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

Significant 


ANA - All Nippon Airways Boeing 787-8 Dreamliner JA810A | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします


この写真はAirplane-Pictures.net審査通過1枚目の写真
Airplane-Pictures.netにチャレンジしてみようと思い立ったが1枚目の写真を何にしようかと…
で結局好きな機材Boeing 787-8 Dreamlinerにした

私が初めて航空機を撮影した場所「千里川」
機材の中で一番好きな787ロゴの「Boeing 787-8 Dreamliner」
そして「ANAの似合う青空」

何の変哲もない写真ではあるが…個人的には思い出深い1枚です

< EOS-1DX + EF16-35mm f4L IS USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

curvaceous blondes 


JAL - Japan Airlines Boeing 777-200 JA007D | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします



着陸時の脚の写真だが、これがけっこう面白い。

SSをどの辺りに持ってくるか。止めるかブラすか…
太陽の向きはどうするか。晴れで狙うか曇りで狙うか…
スモークの形は!?タイヤは地面に対してどれぐらいの位置か!?
機材はB777?B787?それとも…
そんなことを考えながら撮っていると、何枚撮っても飽きない被写体である

このB777-200の最大離陸重量は約247t
タイヤは主脚に12本と前脚に2本の計14本
と言うことは、1本のタイヤで約17.6tもの重量を支えている計算になる
普通乗用車10台分ぐらいを1本で支えてるのだからすごい話
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

Fresh trial 


J-Air Embraer ERJ-170 (170-100) JA212J | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします



雨の伊丹で何か違った絵が撮れないかと千里川河川敷から水しぶきを狙いに!
ところがよく考えると当たり前な話だが、滑走路にラインナップしてスロットルを開けた瞬間水しぶきが凄すぎて何も見えなくなるではないか!
慌てて角度をつけるために移動してみるも、結構な雨量の割には結局面白い絵は撮れなかった。
とりあえず着陸機にシフトして数枚撮って退散!
まあ、思うような絵は撮れなかったが、いつもと違う絵を狙うのは面白いものだ。

< EOS1Dx + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

heart's beating 


ANA - All Nippon Airways Boeing 777-200 JA713A | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします



撮りたい絵を狙って挑んだ初めての遠征

朝一番だけ青い空が顔を出してくれたが昼前にはどんより曇り空となり、ここまで来たけどダメか!と半ばあきらめムードのなか垣生山へ!
想いが通じたのか狙っていたNH596が上がる頃には雲ひとつない晴天に!

何度も設定を確認!光の道を横切る瞬間息を止めて必死にレリーズを切る!
光の道が綺麗な時間帯にはこの便だけなので失敗は許されない!
いやぁ、緊張した!そしてそれを超楽しんだ!

贅沢言うと視程がイマイチだったので2週間後に再チャレンジしましたが、しかしながら夕陽が沈む位置が思う場所ではなく撮れませんでした。
9月末と3月頭頃の数日しか撮れない絵
その日に天気や視程が良いとは限らないので何年越しになるか解らないが、完成形を狙い続けたいものだ。

< EOS1Dx + EF500mm f4L IS II USM + EF1.4xII >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit

toward the light 


J-Air Embraer ERJ-170 (170-100) JA220J | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします



この日は久しぶりに視程が良かったので千里川へ!
中山台のマンション群を背景にしようかと考えたが、前から撮ってみたいと思っていた雲雀のゴルフ場を背景に配置!
ただこの日は折角視程が良いと言うのに風が吹いておりISO100で10秒ほど長時間露光するとどれもブレブレになってしまう…
結局この1便だけブレずに撮ることが出来ました。
トリプルで練炭吐いて…なんてのを狙っていたのだが、そうは問屋が許してはくれなかった。

この位置からは三脚を2mぐらいの高さにしなければ手前のフェンスが写り込む。
愛用三脚はGT4552GTSなのだが「これぐらい風が吹いていても5型ならひょっとして大丈夫なのかも…」なんてイタズラなことが脳裏をかすめた。
いやいや、そんな簡単には買えません!

< EOS5Ds + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

Costarring 


ANA - All Nippon Airways Boeing 777-200ER JA710A | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net
クリックするとAirplane-Pictures.netにリンクします



Airplane-Pictures.netの審査に通った写真と並行して、既にアップしている写真の中から気に入っている物を徐々にアップします。

こんな建設機器とのコラボも今しか撮れない絵

スカイデッキの工事も本格化し、いまや3mの壁に阻まれてしまいました。
リニュアルしたスカイデッキはアクリルの壁となるそうで…悲しいかな夜の撮影は不可となりそう。
安全上を考えると仕方ない処置なのかも知れないが、写真を撮る者としては残念以外のなにものでもない。
「後悔先に立たず」とはよく言ったもので、冬の早朝の光などもっと撮っておけばよかった…と思う今日この頃。

話は変わって撮影について。
スカイパークからのこのショット。
簡単そうでクオリティを求めるとこれがなかなか難しい。
焦点距離が500mmぐらいになってくるとカゲロウや風などが色々邪魔をしてくる。
画質を求めISO100で長時間露光するわけなのだが、高画素カメラだと特に邪魔者の影響が顕著に表れてしまう。

どんな撮影でもそうだが「もっと!もっと!」と求めるとゴールはいつになってもくぐれない!
ま、だから面白いんだろうけどね!

< EOS5Ds + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

ブログ再開 


ANA - All Nippon Airways Airbus A320 JA8400 | Copyright © TETSUYA KITAGAWA | Airplane-Pictures.net



Airplane-Pictures.netにアップしている写真をリンクすると言うやり方でブログを再開することにしました。

この写真は2013/7/15にセントレアで撮影した物。
初めてのセントレア
いつもと違う空港はわくわくするものである。
ほぼ真横からの夕陽の光が綺麗だったのをよく覚えている。

この写真を撮った時からセントレアには足を運んでいない…と言うことは4年4ヶ月もご無沙汰なんだなこの空港
また綺麗な夕陽を浴びた航空機に会いに行きたいものだ。

それと、航空機はもう数年写真を撮っておりますが、後にも先にもA320の写真はなんとこれだけ。
ほとんど伊丹でしか撮っていないからか…
それとも、単純に個人的にBoeing社が好きだから…かな。
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 4 | edit

Sunset makeup time 

290528itami-6a

JA773J Boeing 777-246
JA623J Boeing 767-346/ER

陽が沈む少し前
心躍る時間がやってくる

真っ赤に焼けてくれるだろうか…
ギラっと日差しをくれるだろうか…

この時間、離着陸機は逆光になるのだが、RW32Rを横切る時だけ良い感じに陽が当たる
視程が良く、橋の赤色もきれいに見えており、どちらも構図に入れたかったのだが…声が届いたのかW9でホールドしてくれました

さて、今日はどうだろうか…と西の空が気になって仕方ない…

< EOS-1DX + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 3 | edit

Hold short of stop line 

290505itami-4

JA64AN Boeing 737-881

黄昏時の伊丹空港
この時間帯は沢山の色で溢れている

Hold short of stop line
いわゆる出待ち!
まあ、慌てずゆっくり行ってらっさいww

< EOS-1DX + EF500mm f4L IS II USM >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 0 | edit

The come out of a dream 

290505itami-6

Boeing737-800

もう少し早い時間が綺麗な空だったのだが、なかなかそうもタイミング良く飛んで来ない
花粉の飛散が落ち着いて綺麗な夕景が戻ってきた
と思ったら次は黄砂か…
写真を撮っていない時には気づいていなかったが、空の色も季節感があって面白い

< EOS-5DMarkIII + SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE >
thread: 航空機 | janre: 写真 |  trackback: 0 | コメント: 2 | edit